生活能力ありません

生活能力0(ゼロ)から始める結婚生活

インターネットの思い出

ブログ開設にあたって久しぶりにHTMLなるものを目にしました

私がまだ小学生~中学生くらいの頃は自作サイト全盛期でした。

当時私も自分でHTMLを勉強してサイトを作っていた1人です。


当時ある程度ネットにはまっていた女子中高生たちはこぞっていわゆる「キラキラサイト」なるものを作っていました。

お洒落なフリー素材を加工して、画像に合うようにiframeなどを使ってデザインして……。

そうやって苦労の末完成させたホームページがふみコミュのホームページランキングで上位に入ることがひとつのステータスでした。

 

クローズからオープンへ

私が作っていたキラキラサイトは交流がメインでした。キラキラしていないサイトも作っていましたが、これは黒歴史。(夢小説やイラストを載せていました……笑)

年の近い(であろう)女の子(多分)と、ふみコミュを通じてお互いのホームページを行き来したり、設置されている掲示板で交流したりするのです。

誰かの家へ行ってお喋りするような感覚ですね。

 

その後徐々に携帯サイトやブログが増えてきて自作サイトは減ってしまったように感じます。

この頃になると誰かの家へ行ってお喋り→お店で会話のようになってきたと思います。

そしてSNSが発達してくると次は街中で大声で演説する方が増えていきました。

 

私は自作サイトからの変遷を経て、SNSの拡散力のすごさを改めて感じています。

ただそういったことを経験してこなかった世代の方は、「誰かの家へ行ってお喋り」の感覚でSNSを利用してしまっている節があります。これが怖いです。

 

いわゆる炎上する子たちの多くはそういう感覚を持っていると思います。

だからつい身内ノリで発信してしまうのです。

 

しかし前述の通りSNSで発信=街中で大声で演説しているようなものです。

だから誰かの目に止まり炎上してしまうのでしょうね。

 

自分もSNSやブログといった発信ツールを使っている身です。

自分の発言には責任を持たないといけませんね。

 

それにしてもキラキラサイトを運営した頃の私のネット上のコミュ力はすごかったなあ。

今の私に分けてほしいです。(自分からなかなか交流しに行けない勢)