生活能力ありません

生活能力0(ゼロ)から始める結婚生活

家族「生活能力0なのに結婚とか大丈夫なの?」

ポット爆破事件

はっきり言って、結婚前の私は生活能力が皆無でした。(今もまだまだ勉強中ですが。)

どの程度アウトだったかというと……

 

・27年間実家から出たことがない。

・料理経験は数えるほど。

・洗濯の仕方を知らない。

ポットを爆発させた。

 

上3つは見て字のごとくですね。

生活能力なしと言われる王道のやつです。

問題は一番最後の「ポットを爆発させた」です。

どういうことかといいますと……

 

とある休日。

当時大学生だった私は自宅で一人お留守番をしていました。

お昼にカップ麺を食べるためお湯を沸かすためポットに水を入れて火にかけました。

 

少し離れたところでテレビを見ながら待っていたところ……

 

ボンッッッッ

 

っと大きな音がしたかと思うと、部屋中にガスの匂いが漂ってきました。

えっ何!?ガス爆発!?焦って台所へ向かいます。

するとコンロの上にあったはずのポットが消えているではないですか。

そのポットはなんと2メートルほど離れた場所まで飛んでいました。

 

その直後に帰ってきた両親は部屋中に漂うガス臭に大焦り。

事情を説明したところ驚き呆れられてしまいました。

 

なんと私が火にかけたポット……

 

 

保温専用だったのです。

 

 

保温専用だったのです!!!!!

 

火にかけて良い物かダメな物かすらわからない娘を見た両親はさぞかし呆れたことでしょう。

その後しばらく私は台所への侵入を禁止されました。

ちなみに家には電気ケトルがありました。知らなかった。

 

あきれる両親

その後両親は何度か私に生活能力を身につけさせようとしたのですが、昔からの甘え癖でなかなかうまく行かないまま時だけが過ぎていきました。

そして2018年。ついに私は結婚することに。

旦那氏が両親に挨拶に来た際、両親は旦那氏にはっきり言いました。

 

「生活能力皆無ですけど、いいんですか?大丈夫ですか?」

 

旦那氏「いえ、僕も全然なので……」

この時点で旦那氏は一人暮らし経験者だったので、生活能力は私の遥か上です。

謙虚な奴よ……。

 

流石に私もやばいと思って母から料理を少しだけ教わりました。少しだけ。

結局まともにレシピ覚えられたのはオムライスくらいだったよ……ごめんよお母さん……。

 

そんなわけで生活能力の全くないまま結婚生活に突入するのでした。

 

しかし実際やらざるを得ない状況に追い込まれると、案外できてしまうものです。

最初こそ洗濯ってどうするの!?料理ってこんな感じで大丈夫なの!?と毎度毎度確認していた私ですが、現在はひとまず一通りできるようになりました。

特に料理はかなり楽しんでいます♡

 

なので世の生活能力0のみなさん!!!案外どうにかなるから安心してください!!!